トップページ ごあいさつ・教室案内 ORABC'sえいかいわ よくあるご質問 お問い合わせ

福岡市中央区桜坂のこども英会話教室(美川オーラゆき主催オーラビーシーズ英会話)

ブログ

ORABC's英会話TOP > ブログ > 視覚に頼らず形を伝える難しさ

視覚に頼らず形を伝える難しさ

日本ブログ村へ参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

80に手が届くオトシゴロの私の鍼の先生
月に一回、彼女は私の生徒に変身する

全盲だからか、彼女はすこぶる耳がいい
私の発音を聞いて真似をするのだが
耳が良すぎるからか、ご自分の発音に納得してくれない
音にこだわってらっしゃるので、ソレにお応えしたい
口の形や舌の動き……必死に発音のコツをお伝えする
それでも納得していただけない
「見えんとダメっちゃろうね」
そう言われてただただ凹むしかないアタクシ

先日は久しぶりに彼女のレッスン
いつもと違う気合スイッチが入るアタクシ

学校、レストラン、駅、病院、警察署、消防署……
この日のレッスンは【街の中】がテーマ
最初に単語を確認をする
fire station(消防署)と言うと
「それは“F”?じゃあ口はこうやね」
temple(お寺)と発音をして聞かせたら
「これは“L”?」
theater(劇場)は“TH”で始まると言えば
見事な発音を披露してくださる

どうやら彼女の中でバクハツが起きた模様
「おもしろい、おもしろい♫」と嬉しそうに発音する
コチラはただただ、感嘆するばかり
結局はアタクシの力と言うより彼女の努力のおかげです
でも終わり良ければすべて良し、よかった♫

*語学学習をしていると、最初はインプットばかりですが
*ある時に点が線になって、「わかった☆」「できた☆」を実感する時があります
*アタクシはソレを【バクハツ】と呼びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です