トップページ ごあいさつ・教室案内 ORABC's英語教室 よくあるご質問 お問い合わせ

福岡市中央区桜坂のこども(幼稚園・小学生)英会話教室・英語教室・英語塾

よくあるご質問

ORABC's英語教室TOP > よくあるご質問

こどもたちコースのご質問

Q1. レッスンは全て英語で行いますか?
いいえ レッスンは英語と日本語を混ぜて行っています。それは子供達に『英語=わからないモノ』というストレスを与えない為です。 ストレスの減った子供達はリラックスしてレッスンを受ける様になり、次第に日本語を使わなくても自然に英語を受け止められる様になります。
Q2. テキストは使いますか?
園児クラスではテキストをご購入いただいてはいませんが、オリジナル教材や出版社にロイヤリティを支払い許可を得た教材を使用しております。
小学生クラスではテキストを使用しています。ワークブックも併用する事で「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能を育みながら達成感を得られるレッスン内容になっています。 また、クリスマスやハロウィン、母の日や父の日と言ったイベントに合わせたレッスンや工作も取り入れています。
中学生クラスはテキストも使いつつ、学校での授業のフォローアップもしています。
Q3. 親も一緒にレッスンを受けなくてはいけませんか?
基本的にはお子様だけで受けて頂きます。この時、おやごさんは教室内待合スペースでお待ちいただいてレッスンの様子を見ていただくことができます
Q4. 体験レッスンは行っていますか?
子供達は2回まで無料で体験レッスンを受けていただいています。1回だけの体験だと、子供達は場にうまく溶け込めず本来の姿を見せてくれない事も多いし、緊張体質の子供だと固まったまま体験が終わる……という事もよくあります。また、お子さんと講師の相性も大切だと考えています。まずは2回の無料体験レッスンをご利用ください。
Q5. 週に1回のレッスンで話せる様になるの?
週に1回をどれだけ続ければ間違いなくペラペラになります!とは言えません。 まずは会話の中で一番大切な“聞く力”を培い、それに対する意思表示(“Yes.” “No.” “I don’t know.”)がしっかり出来る子供を育てます。
Q6. 子供が人見知りなのですが、入会できますか?
もちろん、どんなお子さんでも入会いただけますよ。 今までも、人見知りが酷くて泣いてばかりだった子が、回数を重ねる事で泣かなくなって、のびのびと発言する様になったと言うケースはいくつもあります。お子さんによっては保護者の方にも一緒にレッスンに参加していただく事もありますよ。
Q7. 宿題はありますか?
あります。宿題は私を喜ばせる為のモノではなく、本人の為にやるモノです。だから宿題をしなくても私は怒りません。とはいえコチラにも理由があって宿題を出すので、きちんとやってきて欲しいとは思いますが……。
Q8. 個別レッスンはしていますか?
残念ながら個別レッスンはしていません。言葉はコミュニケーションの道具、楽しみながら身につけて欲しいと考えます。同世代の仲間とコミュニケーションをとりながら学び、お互いから発見や刺激を受けることがとても大切だと考えるからです。 生徒の退会などで残念ながら一人のクラスになってしまった事はないわけではありません。いつもは一人でレッスンを受けている子が振替レッスンで大人数(といっても最大6人ですが)でのレッスンを受けた後、家に帰って『楽しかった〜〜♫』と言っていたそうです。 正直、子供達もひとりで私の圧を全身に受けるレッスンはきついと思います……。
Q9. 1クラス何人ですか?
クラスの定員は6名です。少人数なので子供達に細やかな指導ができます。
Q10. 英検対策はしてくれるの?
はい、英検受験をされる方のサポートはしています。でも英検受験を希望されない方もいらっしゃるので全員強制受験ではありません。
毎回のレッスンは英検対策でなく、テキストを使った会話中心のレッスンです。
英検を受ける子供達はレッスンとは別に英検前講座などを行います。(英検用特別講座には月謝とは別に参加費がかかります。)

おとなたちコースのご質問

Q1. レッスンは全て英語で行いますか?
いいえ レッスンは英語と日本語を混ぜて行っています。私は日本の教育しか受けていません。中学校の時は特に英語が得意な子供ではありませんでした。だから日本人のみなさんの“苦手”がわかるつもりです。レッスンでは日本語と英語を織り交ぜながらみなさんに英語を話す喜びと自信をつけて頂きます。
Q2. 英語の成績が悪かったのですが大丈夫?
「英語の成績が悪かった」「別の教室では最低“中学英語レベル”でないとダメだと言われた」「英語が全然話せない」……よく聞く言葉です。 私が大切にしているのはあなたの『英語が話せるようになりたい』という気持ちです。話したいという気持ちがあれば大丈夫、きっと話せる様になります。“Never too late.”遅すぎる事は何もありません、思い立ったが吉日ですよ。 私の喜びは『話したいけど話せない・自信がない』そんなあなたのお手伝いをさせていただく事です。
Q3. テキストは使いますか?
いいえ、使いません。テキストを一冊終えると、達成感が残ります。でも意外に会話力は残っていなかったりします。どうしても!と仰る方にはテキストを使いますが、そうでなければ、おひとりおひとりに合わせてこちらで教材をご用意します。 まずは単語ひとつを絞り出す事、それが会話力を上げる秘訣だと考えています。
Q4. 他の人と一緒だと恥ずかしい
大丈夫です。グループレッスンだけでなくプライベートレッスンもご用意しています。あなたと私だけの時間です。 他の方の目を気にする事なく、心ゆくまでのびのびとレッスンを受けてください。
Q5. 毎週同じ曜日・同じ時間に時間を作るのが難しい
プライベートレッスンは1回1時間のレッスン5回分のチケットをご購入いただきます。 そして、レッスン終了時に次のレッスンの予定を決めますので、ご自身のスケジュールの空いている時間にレッスンを入れる事ができます。
Q6. プライベートレッスンのチケットの有効期限は?
最後のレッスンから3ヶ月間ご連絡がない場合はチケット有効期限が失効しますが、一枚のチケット(5回分)の有効期限は特に定めてはいません。 とはいえ、基本的には週に1回のレッスンをオススメしています。言葉はコミュニケーション道具です、使えば使うほど磨きがかかるものです。
Q7. 体験レッスンは行っていますか?
最初の1回はどなたとも無料体験をしていただいています。 習い事はあなたの時間とお金を使うものです。講師との相性が悪かったら続くものも続かない。そうなると勿体ない。 無料体験を利用して、私で大丈夫かどうかお確かください。

かいご・ふくしコースのご質問

Q1. おとしよりやからだの不自由な方が話せるようになるの?
かいご・ふくしクラスの目的は、話せる様になる事ではなく、“英語で刺激を受ける” “英語を使って楽しんでいただく”事が一番です。 もちろん、回を重ねる事によって単語や英語表現を覚えていただけたら嬉しいですが、まずは楽しんでいただく事、それがこのクラスの目的です。
Q2. おとしよりが英語を喜ぶの?
正直、おとしよりの中には『英語=敵国語』のイメージが強く、ハナから拒絶反応を起こされる方もいらっしゃいます。 そう言う方はレッスンに興味を示されませんし、そもそも受講なさいません。 受講される方は、① 戦争のおかげで楽しみにしていた英語の授業がなくなった ② 仕事で英語を使っていた ③ 外国に暮らしていた ④ 家族が外国にいる と言う方が多いようです。「女学生になったみたい♫」とおっしゃるのを聞くと、とても幸せな気持ちになります。
Q3. 認知症がある方や、からだの不自由な人も受講するの?
私から受講者の方の症状は伺う事はありませんが、みなさんレッスンの時には背筋が伸びてきちんとお話もなさいます。ただ、職員さんによるとやはり認知がある方もいらっしゃるそうですし、長くご一緒していると“そうなのかな?”と思う方もいらっしゃいます。また、障害や脳梗塞の後遺症が原因で発話が難しい方もいらっしゃいます。でもそんなの関係なし!このレッスンの目的は“新しい事をインプットして刺激を受けていただく”事なのですから。
Q4. レッスンには職員も参加するの?
はい、レッスンには職員の方おひとりは必ず参加していただきます。それは受講者の具合が悪くなってしまった時、レッスン中に服薬が必要な方、またお手洗いの介助といったサポートは、専門知識のない私では対応できないからです。 そして職員の方も一緒に受講して楽しんでいただけたら嬉しいです。
Q5. 体験レッスンは行っているの?
もちろん行っています。私がレッスンに伺いますので、参加者の様子やレッスンの内容を見ていただいてからレッスンの導入をご検討ください。

実際のクラスに入って体験して頂くので教室の雰囲気や他の生徒さんの様子を見ていただくだけでなく、他のお母さん達との情報交換もしていただけます。 たった一回だけの体験だと、お子様が緊張したり調子が出なかったり…二回体験していただく事で、お子様もよりリラックスでき、教室の雰囲気もよく見て頂く事ができます