トップページ ごあいさつ・教室案内 ORABC'sえいかいわ よくあるご質問 お問い合わせ

福岡市中央区桜坂のこども英会話教室(美川オーラゆき主催オーラビーシーズ英会話)

ブログ

ORABC's英会話TOP > ブログ > オーラの英国香港宿借り旅 2018*Day 9-2【歩く】

オーラの英国香港宿借り旅 2018*Day 9-2【歩く】

日本ブログ村へ参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・
毎年ゴールデンウィークは仕事にならない。
日本でボケボケするのもいいけれど、自分の英語のブラッシュアップのため、今年は母の育った国イギリスを旅する事にした。
その記録を【オーラの英国香港宿借り旅】と題してココにお届けします。
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

友というのはありがたい。
朝起きると昨日会ったミクチャンからメッセージが。
ソコには昨晩のオススメから今日のオススメプランがびっしり!
昨晩メッセージには気づかず寝てたけど、朝粥で朝食を済ませた後は彼女のオススメに従って動く事にする。

 

指示①スターフェリーで九龍サイドに渡る。

 

指示②MTR尖沙咀(チムサーチョイ)駅から赤ラインで、深水埗(シャムスイポー)駅へ。「添好運」で飲茶を食べる。
http://hongkong.cbco9.com/2014/12/tim-ho-wan-ssp/ 

受け付けを済ませたら近くのセブンイレブンへ水を買いに。
店内の棚、『日本直送』コーナー大盛況☆

店へ戻ると10分もしないで店の中へ案内された。
ミクチャンが送ってくれたブログ情報だと平日でも待ち時間は30分。
ホンジツ日曜日。
オヒトリサマは隙間にハメ込みやすいんだろうね、6人がけのテーブルの5人家族の中にハメ込まれたテトリスオーラ。

そしてブログのオススメのまま4品注文。
酥皮焗叉焼包(メロンチャーシューパン)

韮王鮮蝦腸(韮と海老入りライスクレープ)

晶瑩鮮蝦餃(エビ餃子)

陳皮牛肉球(牛肉ボール)

ちなみにこのお店、受付けのお姉さんは別にして店内で英語が話せる人は数人。
指差確認で注文、楽しかった♫
しかし一人で4品は苦しい……もっと人数いれば色んなモノが食べられたのにな。
次はみんなで喰いしん坊ツアーだ!

 

指示③シャムスイポーは問屋街なのでガチャガチャしていますが、写真を撮るには楽しいかもです。満足したら再びMTRに乗って旺角(モンコック)駅へ(シャムスイポーからは歩いても行けますが、結構疲れます)。女人街に行く。

ミクチャンおっしゃる通り、ガチャガチャの中にそそられるモノ発見!
間口1mくらいのお店。

中でおじさんが笑顔で手を振ってくれました♬

28年前の女人街は露店が並んでたハズなんだけど、今ぢゃおしゃれストリート。
世界中どこにでもあるファストファッションのお店や珈琲店が並びます。
そしてココでトイレ問題発生!!!
その辺りのファッションビルに入ったトコロでトイレはない……レストランの入ってる雑居ビルなら大丈夫だろうと踏んだけど、レストランが開くのは午後3時(だったと思う)。
それまではそのフロアには入れない。
ミクチャンは公衆トイレがあると言ってたのにソレすら見つからない。
結局、一階のエレベーターにイケメンガードマンがいる建物を見つける。
フロアガイドの漢字から推理するに、きっと新しいオシャレビルヂング。
適当な階で降り、トイレ発見!
事なきを得たアタクシです。
しかし改めて日本のトイレ事情は素晴らしいとしみじみ……☆

 

指示④飽きたら、てくてく歩いて油麻地(ヤウマーテイ)エリアへ。上海街は東京の合羽橋のようなところで、台所用品がたくさんそろいます。
指示⑤ここまで歩いたらクタクタだと思うので、美都カフェで一休み。

トイレ問題が解決したアタクシの足取りは軽やか♫
あっちふらふら、こっちふらふら散歩を楽しむ。
そしてミクチャンが一番好きだという美都カフェへ。

入り口

店内

フレンチトースト

窓枠

ねこ

 

指示⑥夕方には男人街がお店を出し始めていると思うので、またぷらぷらするも良し、です。
指示⑦もうきっとここまで来たらクッタクタだと思うので、タクシーでスターフェリー乗り場へ。対岸から見る香港島の夜景を楽しんでください。

残念ながら男人街が開くのは7時(美都カフェ母さん情報)。
香港島の夜景を見るには時間があるのでぷらぷら散歩を続ける事にする。

開く前の男人街。
この赤青白のビニールシートは変わらない。

ぷらっと入った本屋さん。
日本は人気の観光地らしい。

Mjckey Mache。
どこかでお目にかかったコトあるかしら?

そそられる壁と配管は麻雀ドコロ。

中国に返還されてなお、イギリス時代の面影は残っとります。

九龍公園入口の階段。

喉が渇いたのでオビイル。
今度はフレンチスタイルで♫

席からの眺め。
トンネルの中の影とかそそられる。

そして歩いてフェリー乗り場へ。
暗くなりゆく香港島の眺めをお楽しみください(ピンボケあり)




ご覧の通り向こうの山頂は雨雲に覆われてしまってる……ビクトリアピークからの100万ドルの夜景は断念。

 

指示⑧スターフェリーでセントラルへ戻る。

船を降りて昨夜の夕食に、と勧めてもらっていた海老ワンタン麺を食べに行く。
麺と一緒に青菜の炒め物は必須との事だったけど残してしまった。
日本人としてはごめんなさい。
でも中国の人は美味しい料理はわざと残すと言うからよかったのかな?
 


改めて思う、香港は一人で旅しちゃダメね。
食を満喫できやしない。

さぁ〆よ、バーに挨拶行くとするかね♫

→→→オーラの英国香港宿借り旅 2018*Day 9-3へ続く→→→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です